今年も巨人は広島を漁る。たぶんロッテも漁る。〜2019年FA市場・巨人編〜

内海、長野の巨人復帰はある?その他、注目FA選手

先に私は巨人の補強ポイントをあげましたが、逆に言うと巨人が盤石である点は、ショート(坂本)とセンター(丸)のみ、それとサード(岡本)とライト(亀井)も補強の優先度は低いはずです。ということは、余力があれば欲しい選手は取りたい。それは、まあそうでしょう。

とりあえず注目はバレンティンですかね。確かに外野が一つ空いてますし、バレンティンはファーストの練習もしてますし。でも個人的には今季のオフで彼はパ・リーグに行った方が、長くキャリアが続けられると思いますけど。

あとリリーフ。今年はリリーフのFAが少なく、益田直也を除けばヤクルトの近藤一樹か中日の田島慎二くらい。近藤はあるでしょうね。でも田島は近年の成績を考えると、どうだろうかなって感じです。

そして忘れてならないのは、去年プロテクトから漏れて巨人を出ることになった長野久義と内海哲也。二人の巨人復帰はあるのかということです。結論から言うと長野の復帰は十分ある、内海はたぶんない。おそらく二人とも巨人に戻りたい気持ちはあると思うのですが、市場の論理を考えると外野手の長野は巨人も欲しいところ。でも内海は……。まあ、わかりません。ある種の温情が作用するってのが日本のプロ野球のいいところであり、悪いところであるわけですから。

プロテクトは……阿部慎之助の去就に注目

最後にプロテクトについて、少しだけ触れたいと思います。でも誰が残って誰が外れるかという予想ではなくて、阿部慎之助の去就に注目したいということです。菊池涼介や益田直也といったAランクの選手を獲得すると人的補償の名簿を作るわけですが、このとき阿部慎之助に将来の監督になってもらいたいという巨人のフロント側の願いや、でも選手としてみれば他を守りたいという本音、それと阿部慎之助自身の“忖度”が交錯するのではないでしょうか。
実際、阿部慎之助の引退は、誰かFAを獲得するもっと前、例えば巨人がリーグ優勝したときとか、日本シリーズの前とか、あるいはもっと数年後だとか、いろいろあると思います。でも、巨人おフロントの頭のなかには阿部慎之助の去就を含めたFA市場のシナリオが思い浮かんでいるのではないかというのが、私の考察です。

P.S.
昨年オフ、丸佳浩が巨人に行くと決まってから彼の実家に嫌がらせが相次いだそうです。広島、そしてロッテのファンのみなさん、もし漁られたとしてもくれぐれもそんなマネはしないでね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました