今年も巨人は広島を漁る。たぶんロッテも漁る。〜2019年FA市場・巨人編〜

たぶんロッテも漁る。

2019年FA選手【巨人編】

今年のオフ、最大の注目チームはおそらくロッテだと思います。それはロッテに今オフFAとなる主力選手が多いことに加え、ロッテは(現在CS争いをしていたとしても)再建中のチームだからです。主力の選手を放出して、プロテクト漏れする若手を取りたい、現在ファームで頑張っている選手に一軍の機会を与えたい。そんなインセンティブがロッテのフロントには少なからずあるはずです。

さて、巨人がまず注目しそうなのは益田直也です。さっきも言いましたが巨人はリリーフが欲しいはず。益田直也は知名度こそイマイチかもしれませんが、リーグ有数のリリーフで、新人王や最多セーブも獲得しています。そしてとても母思い。母子家庭で育った益田選手は本当に母親のことを愛してるんですね、まあFA市場でこれがどう評価されるかは知りませんが。

次に、荻野貴司と角中勝也。巨人は丸佳浩以外(あるいは亀井義行も)、外野のレギュラーが固定できていませんから、荻野と角中に強い興味を持っていると思います。
この二人、とくに角中は動きそうな匂いがプンプンするんですよね。角中拓也は2年連続でFA権を保有したままロッテと単年契約を結んでいます。よく単年契約を結ぶ理由として(黒田博樹なんかがそうですが)、「緊張感を持ちたい」ということが挙げられますが、角中の今季の成績(打率.249)を考えれば新天地を求める気が起こる可能性は十分あります。また、荻野貴司の移籍は、おそらくロッテが提示する契約次第。今季、初めて規定打席に到達し、一時はリーグ首位打者でもあった荻野をロッテがどう評価するかでFA宣言の可否は決まると思います。

最後に鈴木大地。巨人が鈴木大地を狙うときは、菊池涼介が取れなかったときです、私的には守備以外では鈴木大地は菊池より優れていると思うのですが(はい、私はロッテファンです)。ただ、ロッテファンとして一つだけ言いたいのは「たぶん鈴木大地が出たら、他のFAも出る」ということです。とくに同い年の益田は出る可能性が高くなるでしょう。そして、鈴木大地が出たら次の年もその次の年もロッテから選手が流出することになるでしょうね、きっと。

続き…長野・内海の復帰は?、プロテクトは阿部に注目

コメント

タイトルとURLをコピーしました